ハゲ・薄毛は遺伝するのでしょうか?

いきなりショッキングな結論ですが、遺伝性のハゲはあります。

今やAGA(男性型脱毛症)という、病気としての呼称があるほどで、AGAの原因の一つが遺伝によるものとされています。

男性ホルモンとある種の還元酵素が結合してできる脱毛ホルモンが、毛髪細胞内の受容体と結び付いて毛髪の成長を阻害する事で起こるのです。

この還元酵素が強いと多くの脱毛ホルモンが生成され、受容体の感度が高いと脱毛ホルモンをたくさん受け入れるのでハゲが促進されるのです。つまり還元酵素の強弱と受容体の感度が遺伝するという仕組みです。

還元酵素についての遺伝は父母から直接遺伝し、受容体では母親を通して祖父から隔世遺伝するので、肉親親戚の状況で自分の将来のハゲ具合を判断する事は難しいのです。

でも重要なのはハゲは100%遺伝するわけではないという事です。還元酵素の強弱や受容体の感度は高い低いの2段階に明確に分かれているのではなく、その程度の差が無限にあります。

従ってハゲになる遺伝子ではなく、ハゲ易い遺伝子を持っていると理解するのが正解です。ハゲる原因は、食生活や健康状態、頭髪ケアなど生活状況によるものが多くあります。

頭皮の毛細血管を通して毛根から酸素と栄養を取り入れている毛髪は、身体の栄養状態や過度な喫煙・飲酒、ストレスなどが影響します。

また身体を不潔にすると疥癬などの皮膚病になる様に、頭皮が不潔になると毛髪の発育が悪くなります。洗い過ぎによる頭皮の傷みが原因の場合もあります。

毛髪の生育に好ましくない環境下では、遺伝がなくてもハゲは発症します。だから先ず行うべきは遺伝の心配ではなく、毛髪にとって良い身体と環境を保つ事で、それは今日からでも始められるます。

今はAGA専門の医療機関が多くあります。毛髪や口内粘膜を少量採取するだけの簡単な検査で、AGA遺伝子の存在を調べる事ができます。そして予防措置から治療まで相談にのってくれるので是非利用すべきです。

他の病気と同様にAGAも早期発見早期治療が原則です。そして大切な事は心の持ち様です。ハゲで死んだ人はいませんし、ブルース・ウィルスや渡辺謙はハゲててもカッコイイじゃありませんか。

今やスキンヘッドは市民権を得ています。ハゲを気にするストレス自体、ハゲの原因になり得ます。「たかがハゲ、されどハゲ」で乗り切りましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です